トップイメージ
パソコンの。画面の前に座り、上下している市場を眺めているとすぐにエントリーをしなければならないという感情に駆られる人も多いと思います。だけど、不明瞭な勘で取引することは、決してしてはいけません。事実、相場は四六時中、休みなくどこかの国でマーケットは動いているし、市場も常時、変動しています。とは言っても、何回もエントリーを繰り返しているとその回数だけ損失が生じる率が上がります。確かに売買の数を積み重ねる事で、トータルで勝ち負けの確率が半々に近づくのは事実です。でもそれは「なんだか分からないインスピレーションで取引」とは別の話だ。取引回数を増やす事の意味は、自ら「ここは!」と考える時機を得た場面での売買回数を積み重ねるという意味です。何となく、連続して注文を積むのとははっきりと違う。相場の戦いに勝つためには、自分が思案してメリハリをつけることが肝心です。「ここがチャンス」と思い至った外国為替市場の時には、いっそのこと保持ポジションを買い増して、覚悟を決めて儲けを追い求めます。「少し頭をかかえる外国為替市場で、どう推移するのか思いつかないな」と思った時は諦めて売買ポジションをひとつ残さずクローズして放置します。それぐらいのリズムをつけた方が、結果的には注文は儲けられます。外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがある。まったくその通りです。取引とは、いかなる時でも売買ポジションを持っていることが大事ではなく、どの売買ポジションも保持せずじっと見ていることも場合によってはFXです。そうであるならば、いつ休むべきなのでしょうか。最初に考えられるのが、先述した通り、これからの相場展開が明確に難しいときです。ここからドル高になるのか、ドル安になるのかが見通せない時は考え無しで行動すると、自身の思い描いた台本とは逆方向にマーケットが変化してしまい、損失を被ることになる。そのため、こうした場面ではポジションを減らして、静観しているのが唯一出来る事です。もうひとつの場面は、コンディションがすぐれない時。体調と為替相場に関係性はないと思う人もいるでしょうが実は影響を与えます。体調がよくなければマーケットの決断しなければいけない局面で、正確な決定が出来ない場合が多くなります。関心がわかない時は市場から離れる事も大事なことだ。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.quotescube.com All Rights Reserved.