トップイメージ
交通事故に巻き込まれた状態で、自分が被害者であったとしても相手方がミスをこれっぽちも容認しないケースは数多く存在します。例えば、意思と関係して起こしたかったのではなく注意が足りなくて相手の自動車を激突された場面などに、そうした争いになってしまうケースがあるのです。とは言っても、現場で車のみの事故対応され数ヵ月後に後遺症が出た時に病院の証拠書類を提出するというのは遅れを取る感はしょうがなくなってしまいます。それならば自動車の事故の過失割合の決定にはどういう物差しが設定されているのでしょうか?きちんと言うと、警察が決定するのは、自動車事故の原因が存在するのはAかBかという内容であり、割合ということではないのです。さらに言えば、最終的に明確にされた事故責任者が明らかにされる事は状況は全くありません。ですので、過失の割合は事故当事者のやり取りの結果に応じて明確にされ、この事が自動車事故の賠償の算定の基準になります。この時、両方が自動車任意保険に加入していなかった場合には双方が直接的に話し合いするしかありません。しかしながら、当然の事ですがそういったやり取りでは、感情的なやり取りになる可能性が存在します。その上、お互いの意見が食い違えば下手をすると、訴訟になりますが、それは時間とコスト大きな損は避けられません。そのため一般的には事故に関わってしまったそれぞれのドライバーに付く自動車保険会社、双方の自動車の保険会社に交渉を全て任せる措置を活用して、適当な「過失割合」を丁寧に確定させるのです。こういった場合には、自動車保険会社は以前の自動車の事故の係争の判決から決められた認められた基準、判例集をベースに推定とやり取りをして過失の割合を算出します。そうであっても、自動車の事故の例では、巻き込まれてしまったのか起こしたのかによらず、最初に110番に連絡するのがルールです。その後、保険の会社に電話をして、その後の協議を一任するのが手順になります。正確な手順さえ分かっていればそれぞれの無意味なやり取りとなる状態を回避できます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.quotescube.com All Rights Reserved.