トップイメージ
契約店舗で一切のクレカが使用可能なのでもありません。□カード会社の加盟店は多くのクレジットカードサービスと契約していますが不便なことに全部の加盟店舗であらゆる種類の契約カードが使えるわけではありません。例えば以前からある商店の際にはJCBの印の付いているクレジットカードしか使えない状況もあるし最近のお店だとVISA、マスターのロゴの入ったものしか使用できないときもあるでしょう。銀聯カードに類するクレジットカードだったらもっともっと決済できない店舗が多いでしょう。どのマークの所有カードが決済可能かというのをどんな方法で判断したらいいか「それじゃどのようにしてどの印のクレジットカードが使用できるかを見分けると良いのか?」という質問ですが本当のところを知るんだとするとそこの方に確認してみるのみ、ていうのが正直なところ正しい回答です。とはいえ多くの店やレストランにはお店のドアの場所に切れるカード会社の印が入っている加盟シールが貼り付けられていることから、「へーあそこの店はアメリカンエキスプレスカードが切れるのね」といったことが困らないようにされているため頭に入れておいていただけるとよいと思います。とはいっても、十分に確認が行き届いていない加入店舗で使うときには、ステッカーが掲載されているお店でも「ここではご使用のクレジットカードは決済いただけません」といった対応をもらうケースもあるためあたふたしてしまうこともなくもないですね。贅沢をいえば可能な限りは十分な数の加盟店舗でカードが使えるようにする目的を考えると別の印(インターナショナルな会社)がプリントされている一般的なMasterCard、ダイナースカード、ライフカード、といったクレカをいくつか使えるようにしておくようにしたほうがいいでしょう(例として:UCカードをすでに持っているならその次はMasterCardがついているカードを申し込むなど等)。とりわけ日本ではVISA、MasterCard、JCBの3つのカード会社が書かれているクレジットカードを常時使っていれば、間違いなく100%のカード決済可能店舗でいずれかのクレジットカードを使うことができます。クレカを使用して効率的にカードライフを目指すならばそれぞれのクレカを所有しておいていただくことをお勧めします。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.quotescube.com All Rights Reserved.