トップイメージ
クルマを運転していると、「自動車を持ったままで直ぐ融資可能」というような宣伝ボードやお知らせが目に付くことも多いでしょう。このようなお知らせは、自動車を担保としてお金を融資するお知らせであることが多いでしょう。車担保融資と言われている言葉は、知っていたとしても、具体的にどんな融資のされ方なのか割と理解していない人も多いようです。車担保融資とは、それだけ有名ではないローンキャッシング方法ともいえるはずです。車担保融資では、車を担保にすることで、車の現時点の評価額を出し、その価格の査定上限の中でローンキャッシングを基本として行っているはずです。一般のクルマ買取専門業者での査定と同様に、距離を走っている車や修復歴がある車であると、査定評価が低くなることがあるので車担保融資の時には覚えておくといいかもしれません。車担保融資は、「車」という目に見えたものを保障として抑える方法ですので、貸金業者などで借り入れができない人でも直ぐに査定限度内でのローンを行えるはずです。また、銀行や消費者金融でのローンキャッシングには多種多様な手順や厳しい審査などがありますが、自動車という自分が持つ価値のあるものを利用し、行う融資ですから、そのようなものが不要ということもあるようです。近頃では、車を担保としてキャッシングを受けても、その車を今まで通り運転することが出来る車担保融資も増えてきています。ところが、この融資方法の弱みとしては、クルマの査定額にローンの額次第ですので、所持する自動車によって、自身が希望する上限額の融資を受けられないということも十分あると聞きます。車を返済ができなくなった際の保障にしますから、万一支払いが出来ない場合は、即座に自動車を手放さなければならないなどの、デメリットとなります。自動車が暮らしで欠かせないものである地域では、自動車を、返済に行き詰った際の保険にするローンの仕方は、かなりリスクがあるといえるかもしれません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.quotescube.com All Rights Reserved.