トップイメージ
車を持つ方は分かっていると思いますが自動車税なるものを支払う義務があります。そしてこの税金は、査定に出す車買い取り時に一般に戻ってくるのです。これって実際、実行してみると頭に入ってくると思いますが、では最初から順を追って簡単に案内していきます。事前に説明をしておけば国内販売されているクルマだけに限らず外国の車などでも自動車税が還付される範囲に決まってます。愛車などもそうですね。自動車税という税金は自動車を所有する人が支払う税ですがこの金額は車の排気量の大小により決定されます。1リッター以下ならば29500円で1リッターより上で1.5リッターまでだと34500円。その後は500ccごとに5000円が乗ってきます。またこの税金は4月1日現在のの保有者が、以後一年分の自動車税を納める義務があります。つまりは事前納付になるということですから勿論車を手放して、所有権がなくなった場合はその分の税額は戻ってくる事を意味します。この自動車税の場合は事前納付でその年度の税額を納付しますからその年度内に車を売却した場合には新たなオーナーがこの税を納めなければいけないということです。買い取った相手が専門店ならば売却した際に支払いすぎた税額を返還してくれます。要は所有権が移転された日以降の税は、新しいオーナーが納税義務を負います。自分が10月のうちに愛車を売却したケースでは、11月以降翌年3月の間までの自動車税は戻ってくるのです。というのは前述の通り自動車税は前払いであるということによるものです。まとめると前所有者は売却先に払いすぎた税金を返還してもらうということです。個人的に車を買い取ってもらう際に何気にこうした事実に気づかない人がよくいるので、きちんと忘れないようにすることです。自動車税という税金は車を売った際に戻ってくることを意外に知られていない事を利用して、それを隠す悪徳業者もあります。こちら側から自動車税についての話をしなければそのことに言わないということもしばしば聞かれます。ですのでクルマの買い取りをお願いする時には、税金が返金されるのかどうかの確認をおろそかにしないようにしましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.quotescube.com All Rights Reserved.