トップイメージ

どこにでもある経験の浅い方向けの外為取引の情報では、「損失が生じた場合はナンピンによって、ポジション全体の価格を抑える」などと説明されていたりしますが、正直これにはかなりの隠れたリスクが待ち受けています。にんにく卵黄

最初に、ナンピン買いのロジックについてとても簡単に述べます。ボニック

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。任意整理のデメリット

$(ドル)買いですので、円安に動くほど利益が大きくなるわけですが、不幸にして1ドル95円まで円高方向に向ったとします。http://www.pvap.org/syainsyou.html

このままの場合ポジションを所有し続けたら、プラスになるためにはマイナス分、円安ドル高が進まなければなりません。マイクロダイエット 早く痩せるのに効果的な飲み方とは?

皆さん、損は早く無くしたいと願うでしょう。

このためはじめに買ったのと同じ量の$を、1ドルを95円で取引します。

すると、ポジション全体の買い付け単価は97円50銭まで抑える事が出来ます。

言い換えると、2円50銭の幅で円安に推移すれば赤字を取り戻す事が出来ます。

それが、ナンピン買いの原理です。

このとおり、ナンピンの仕組みを耳にすると、「もっともだ」という気分になるが為替はそう容易には上手くはいきません。

そもそも、1ドル=95円より下がらないとは、誰一人として予想できません。

もしも、為替相場が相当に強いドル安地合だとすれば、1ドル=95円では収まることなく一段のドル安にいく可能性がある。

仮定として、1ドル97.50円でナンピンをしたとしても1ドル95円までドル安が速んだら、ナンピンを入れたポジションも損失が生じてしまいます。

そういう状態では最初に取引したドルとトータルで、二重の為替差損が生まれる事になります。

それほど、ナンピン買いは難しいです。

であるなら、為替が己の台本とは逆の方向に進んでしまった場合どんな手段で危険性を軽減すればいいのだろうか。

こういう状態で選ぶべき選択肢は2つしかありません。

まずひとつは潔く、ポジションを諦める事です。

もうひとつの選択肢としては現在、自分自身が所持している買いポジションを少なくする事によってもう一度マーケットがリカバリするのを何もしないで待つことだ。

ちょっと主体性のない方法だと言う人もいるだろう。

だけど、自分が保持しているポジションに為替差損が生まれた場合、最も危険の少ない方法はそれ以外にはあるはずがありません。

言うまでも無く、ロジックとしては、ナンピンという術もあるように思えます。

だけどナンピンは自身がマイナスになっている場面にもかかわらず、買いポジションを縮小するどころか逆に買いポジションを積み増していく対策です。

それでは、危険をコントロールすることなどどこをどうやっても無謀だと思ったほうがいいです。

ナンピンを続ける事ができればいずれは勝てるかもしれません。

だけど、そうなる先に資金は無くなってしまいます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.quotescube.com All Rights Reserved.