トップイメージ

免責不許可事由とは破産申告の申立人にこれこれの条件に含まれている場合は債務の免除は受け付けませんという線引きを言及したものです。ピュアナース

つまり、極端に言ってしまうと返済が全くできないような状況でもその要件にあたっている時には借り入れの帳消しが受理されないこともあるということになります。クリアネオ

つまり破産宣告を出して、負債の免除を勝ち取ろうとする際の、最も重要な難題がこの「免責不許可事由」ということになるのです。モリンガ美臭美人

これは骨子となる不許可となる事項のリストです。シミウス

※浪費やギャンブルなどで著しく資産を減じたり、莫大な債務を負担したとき。ModeRobe(モードローブ)

※破産財団となるはずの財産を隠したり、破壊したり、貸方に損失となるように売り払ったとき。デオプラスラボプラチナム

※破産財団の金額を悪意のもとに水増しした場合。ゴールドジャパン

※自己破産の責任を持つのに、それら貸方に特定の利益を与える意図で資産を提供したり弁済前に債務を払ったとき。カロリストン

※もうすでに返すことができない状況にもかかわらず虚偽をはたらき債権者をだまし上乗せして借金を提供させたりクレジットによって高額なものを決済した場合。優光泉

※ウソの債権者の名簿を提示した場合。ヒアロモイスチャー

※免除の申し立てから前7年間に免除を受理されていたとき。

※破産法が要求している破産手続きした者の義務内容に違反した場合。

以上8つのポイントに含まれないことが要件と言えますがこれだけで実際的なケースを考慮するのは、一定の経験と知識がないと難しいでしょう。

さらにまた、浪費やギャンブル「など」と記載していることでも分かると思いますがギャンブルというのはそのものは例としてのひとつというだけでほかに具体例が書かれていない状況がたくさんあるということです。

実際の例として書かれていない場合はさまざまな事例を述べていくときりがなくなってしまいケースとして定めきれないようなときや昔に残る実際の判決によるものが含まれるので、ある事例がそれに該当するかどうかは法律に詳しくないと一朝一夕には判断がつかないことがほとんどです。

自分がそれに当たるものとは思いもよらなかった場合でも免責不許可という判定が一回でも宣告されてしまえば、その決定が元に戻されることはなく、借り入れが消えないばかりか破産申告者であるゆえの不利益を7年にわたって受け続けることになってしまいます。

ということですので、免責不許可判定という悪夢のような結果にならないために、破産申告を検討する際に少しでも判断ができない点や分からないところがあったらまず専門の弁護士に相談を依頼してみてもらいたいです。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.quotescube.com All Rights Reserved.