トップイメージ

クレジットの不必要に感じる…そのような時にサービスの機能停止(きのうていし)を行いましょう。

わざわざ定義など無用だと思いますが、カードの使用取りやめとは皆様が使用中のちょうどそのクレカを再び小売店などに行っても購入手続きが出来ないようにするようなことである。

今お読みになっている文章で使わなくなったカードの使用を取りやめる手段から無効化における留意点などをわかりやすく解説してみました。

このページを読んで頂けたならば無効化における心配事をきれいに忘れて安心してもらえると思います。

はっきり説明するが、不要になったカードを無効化してしまうのはすごくすぐ終わります。

「クレカにひとたび手続きをしたら勝手に契約解除することは難しいんじゃあるまいか」……」という懸念や、「カード会社の契約解除のやり取りが煩雑だという気がする?」という風に思われる使用者もたくさんいるという話だが実のところクレジットカードの裏側に印字してあるカスタマーセンターに問い合わせをして、クレカ使用不可能化の意思を確認することさえすれば手間取ることなく無効化が実現できます(なんと3分くらいのやり取りで終わってしまいます)。

クレジットを使用し始める際はあんなにも手間だったのとは違って使用中止の手続きはただ一度の電話で完了するの?などと拍子抜けしてしまう人もいるでしょう。

本当に退会の手続きはあっという間なのか?その通りです。

クレジットの解約申請はレアな事例を考慮に入れなければ、機能停止のために取り寄せなければいけない紙もないばかりか長時間にわたって粘られるという面倒ごともあるとは思えません。

完全にただ「保持している◎◎クレジットサービスを解約したいと思い、ご連絡さし上げたのですが・・・」などといった風に会話中の受付に伝えるだけで終了です。

本当のところ、私の知り合いも今までに5枚を越えるほどのクレジットを無効化するために連絡を取り続けてきたが、機能停止でつっかえたような事態は普通はないのですから懸念については安心して結構です。

友人から耳に入ってきた話によると機能停止を依頼したところやめる都合に関して尋ねられたというという事例があったという話を聞きましたが単純に軽い調査に類する軽い聞き方だったらしく慰留されるような面倒もまずないと考えられます。

たまたまわけを説明しなければいけなくなったという場合でも正直に『使用する機会が減ったから』もしくは『違う会社のクレジットサービスのお知らせを読んだらその方が便利そうなため』といった感想を説明すればおしまいです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.quotescube.com All Rights Reserved.